建設従事者教育

建設工事に従事する労働者に対する安全衛生教育
              (建設従事者教育)

1.対象者

建設工事現場で直接建設工事の施工に従事する建設従事者です。

職長又は安全衛生責任者も対象者に含めることもできます。

2.対象となる現場

建設工事現場が直接的な対象となります。

国土交通省の直轄工事現場では、一定規模(常時労働者が20人以上)となる現場が

対象となっています。

3.実施場所

この教育の要請のあった建設工事現場の作業所等で実施します。

4.教育の実施時期および受講頻度

(1)実施時期:建設工事の着手後、主だった建設従事者の現場入場が出揃う時期であって、事業者が希望する時期に行います。

(2)受講頻度:原則として現場単位で1年に1回とします。

5.受講料

1名あたり8,500円(税込)となります。

この教育を修了した受講者全員に、建災防青森県支部長名の修了証を交付します。

また、この教育の事業者(依頼者)には、実施報告書を発行します。

なお、この教育は原則として1現場1年に1回実施することとされていますので、修了証は受講してから1年間有効となります。

6.申込み方法

①まずは、開催予定日の3週間前まで青森県支部までお電話を頂き、日程を調整したうえで折り返しのお電話をいたします。

  ↓

②日程が決まりましたら、講習会を開催出来る設備が整った学科会場をご準備いただき、実施依頼書・学科場所と現場の地図を、青森県支部までFAXかメールにて送信ください。

 (公民館等でも可ですが、テーブル椅子、ホワイトボード、スクリーンがある所)

  ↓

③受講者名簿は、開催日の1週間前までデータをメールにて送信いただきます。

  ↓

④当日は、午前9時から開講となります。

 午後からの実技訓練は、現場へ移動します。

 

教育カリキュラム

科目 内容 時間
1.労働安全衛生関係法令 事業者の責任と労働者の順守義務 0.5時間
2.安全施工サイクルに関する事項 安全施工サイクルの実施方法
(安全ミーティング、KY活動、現地KY、作業手順等)
1.0時間

3.現場の労働安全衛生に関する具体的実施事項

①現場での安全管理体制
②現場での安全点検
③有害物、有害作業、有害場所等の健康障害防止
④その他の労働安全衛生に関する具体的実施事項
1.5時間
4.労働災害の事例及びその対策 作業行動による労働災害防止対策
(ヒューマンエラー関係を含む)
1.0時間
5.実技訓練(現場でできる実技体験訓練) ①服装及び保護具(呼吸用保護具、保護帽、安全帯等)の適切な装着方法
②現場での合図の種類、方法及び確認
③適切な安全支持の方法と対応
④その他の労働安全衛生に関する実技訓練
2.0時間
合計 6.0時間

 

学科および実技体験訓練の例

【学科】テキストや視聴覚資料等を使い講義を行います

 

【実技訓練】労働者の不安全行動、ヒューマンエラー等を防止するため現場等で実際に体験訓練を行います

保護帽や服装の適切な装着と確認

重機オペレータと誘導者の合図確認訓練

安全帯の強度を体験する訓練

現場内のワイヤーロープについて、

点検等を行い危険の予測対策を立て、

災害を防止するための説明を行っています

 

お問い合わせ、お申込み

建設業労働災害防止協会 青森県支部

電話:017-773-6200